2010年02月03日

関東甲信、大雪の所も=交通の乱れに注意−気象庁(時事通信)

 気象庁は1日夕、関東甲信地方では同日夜から2日未明にかけて広い範囲で雪が降り、甲信南部などで大雪になる所もあると発表した。日本の南海上に前線があり、前線上の低気圧が発達しながら1日夜に伊豆諸島南部を通過するため。交通機関の乱れや路面の凍結、電線への着雪に注意が必要という。
 2日午前6時までの降雪量は、多い所で、山梨県が30センチ、長野県と関東北部、神奈川県西部、埼玉県秩父地方が15〜20センチ、関東南部の平野部が10センチ。 

【関連ニュース】
日本海側、14日も大雪=引き続き警戒を
日本海側と北海道、大雪続く=交通への影響注意
広い範囲で強風、積雪=低気圧接近、交通に影響
全国で荒れた天気に=低気圧発達、冬型強まる
西日本で大雪の恐れ=低気圧急発達、日本海側暴風

抗精神病薬5成分で無顆粒球症と白血球減少の副作用(医療介護CBニュース)
未納給食費の天引き、22年度導入は断念(産経新聞)
風力発電 環境アセスの対象へ(産経新聞)
東海道新幹線、品川─小田原で上下線運転見合わせ(読売新聞)
明石歩道橋事故 元副署長を強制的起訴へ 検察審が議決(毎日新聞)
posted by ユズリハラ タカヒロ at 18:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太田氏の擁立撤回検討=参院比例、世代交代を意識−公明(時事通信)

 公明党が、夏の参院選の比例代表候補である太田昭宏前代表(64)の擁立を撤回する方向で検討していることが2日、分かった。党の若返りが進まないとの異論があることに加え、惨敗した昨年の衆院選を代表として戦い、自らも落選した太田氏の参院へのくら替え出馬に対する批判が党内に根強いことが理由だ。
 太田氏は昨年12月、「任期中に66歳を超えない」とする党の定年制の例外として、比例代表候補で公認され、国政復帰を目指していた。党関係者は2日、太田氏の処遇について「各党が世代交代を進める中で、わが党だけが逆行するようなことをしていいのか。選挙戦にマイナスではないかとの判断がある」と指摘した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜4億円「知人から預かった」〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

刃物で切りつけ10万円奪う 男逃走、強盗傷害で捜査(産経新聞)
<着服>博多署員が課内の積立金100万円を 停職処分に(毎日新聞)
看護職33人の行政処分を公表−厚労省(医療介護CBニュース)
【新・関西笑談】火を噴くアーティスト(3)現代美術作家 ヤノベケンジさん(産経新聞)
神経細胞 皮膚から作成、「万能細胞」使わず 米国(毎日新聞)
posted by ユズリハラ タカヒロ at 09:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。