2010年02月18日

修行僧が水ごりの荒行に挑戦 墨田区(産経新聞)

 墨田区本所の能勢妙見山別院で15日、修行僧10人が国家安泰と天下泰平を祈願して頭から冷水をかぶる「水ごりの荒行」に挑戦した。

 昭和27年から毎年、釈迦の命日とされるこの日に行われている伝統行事で、100日間の厳しい修行を終えた僧たちが行うもの。

 冷たい雨が降りしきる中、太鼓の音に導かれ僧たちが境内に登場。ふんどし姿になってお経を唱えると、「さぁーっ」というかけ声とともにおけにくんだ水を7回頭からかぶり、身を清めていた。

<道路予算>3府県で10%以上増、参院選事情も反映?(毎日新聞)
王将戦第3局 久保が勝ち2勝目(産経新聞)
鳩山首相、子ども手当「満額」こだわらない?(読売新聞)
次官から部長に降格も=官邸主導で幹部人事−公務員法改正案(時事通信)
降格規定、絵に描いた餅…公務員法案に総務相難色(読売新聞)
posted by ユズリハラ タカヒロ at 15:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。